あいつも風俗好きだった
フリースペース
 >  > 嬉しい半面、後悔しました。

嬉しい半面、後悔しました。

容姿には自信を持つことは出来ないために彼女を作れないまま大学を卒業しました。大学生だった時には同級生だった女の子にバレることは怖かったしソープにさえ行くことは出来ないままだったし、さすがに本当にこんな風に我慢することは勿体無いように思いました。一応、何とか風俗に行けるように必死に働きました。何とかお金は貯まったし、ようやく念願だった風俗に行きました。この際、社会人だったし同僚などにバレることは覚悟しました。挙動不審だと怪しまれるし、お店には正々堂々したまま行きました。事前に予約したけど風俗嬢は指名しなかったし、お店に行った後に写真を確認しながら一番綺麗だった風俗嬢を指名しました。童貞だったことはバレないのかヒヤヒヤしました。しかし、基本的には風俗嬢にリードされるようなプレイだったし、ひょっとしたら童貞だったことはバレバレだったように思いました。恥ずかしくなったけど童貞じゃなくなったし安心しました。思ったよりは料金は安かったし驚きました。多分、大学生にさえ支払える金額だと思いました。何だか社会人になった後に貯金したことが馬鹿らしくなりました。結局、誰かに見られることなくお店を出入り出来たし、こんな風にダラダラしたまま先延ばしにしたことを後悔しました。

[ 2014-10-03 ]

カテゴリ: ソープ体験談